11室町幕府|建武の新政・南北朝・応仁の乱|小学生へ歴史解説

メニュー2歴史の解説! >11.足利氏

見出しアイコン51解説!室町幕府をひらく

 

 

このページの歴史年表

時代
年代
主なことがら

1333鎌倉幕府ほろぶ


1334建武の新政
1336南朝と北朝ができる
1338足利尊氏が征夷大将軍

1392南北朝の統一
1397(3代足利義満が金閣)
1467応仁の乱
1489(8代足利義政が銀閣)
1573(15代で室町幕府ほろぶ)
登場人物やキーワード
後醍醐天皇  北朝  南朝  
室町幕府  管領  守護大名  
日明貿易  倭寇  勘合

 

 

1333年「鎌倉幕府」ほろびる

1274年、1281年の2度にわたって「げん」に攻められ、鎌倉幕府かまくらばくふ御家人ごけにんは力を弱めていきました。このような中で後醍醐天皇ごだいごてんのうは、天皇に政治の実権じっけんをとりもどそうと動きました。

 

後醍醐天皇は、鎌倉幕府に不満をもっている寺院じいんの勢力や、楠木正成くすのきまさしげ足利尊氏あしかがたかうじらの武士を味方につけ1333年に鎌倉幕府を倒しました



スポンサーリンク

 

1334年「建武の新政」

鎌倉幕府をたおした後醍醐天皇は、公家くげ(貴族)や武士が役職やくしょくにつく天皇中心の政治をはじめます。これを1334年の建武けんむ新政しんせいといいます。

 

>建武の新政は、武士よりも公家を大切にする政治だったので、武士は不満をいだきました。

 

 

 

建武の新政は2年で失敗

足利尊氏は建武の新政に不満をいだく武士をまとめ、1336年に後醍醐天皇のいる京都を攻め込みました。後醍醐天皇は朝廷ちょうていのある京都を脱出だっしゅつし、奈良県の吉野よしのに逃げました

 

>足利尊氏は、後醍醐天皇とは別の天皇を京都にたて朝廷をつくりました

 

 

 

南朝と北朝ができた「南北朝時代」

しかし後醍醐天皇も吉野に朝廷をおきました。全国の武士などは、京都の朝廷(北朝ほくちょう)と吉野の朝廷(南朝なんちょう)に分かれて争うこととなります。これを南北朝時代なんぼくちょうじだいといいます。

室町幕府(北朝と南朝)(足利尊氏と後醍醐天皇の対立のイラスト)地図

>南北朝時代は1336年から、南北朝が統一される1392年まで半世紀以上にわたって争いが続きました

>足利尊氏は1338年に征夷大将軍せいいたいしょうぐんとなり、新しい幕府(室町むろまち幕府)をひらきました。

 

 

 

「室町幕府」がととのう

3代将軍の足利義満あしかがよしみつは、1392年に南北朝を統一しました。そしてこのころには、室町幕府のしくみも整いました。

 

室町幕府は、鎌倉幕府に近い政治のしくみを取り入れました。鎌倉幕府で北条氏ほうじょうしがなった「執権しっけん」のかわりに「管領かんれい」の役をもうけ将軍を補佐ほささせました。

 

室町幕府のしくみ画像

 

>鎌倉幕府の執権は北条氏が代々だいだいつとめましたが、室町幕府の管領は、斯波氏しばし細川氏ほそかわし畠山氏はたけやましの3氏が交代でつきました。

>地方では、守護しゅごの中に強い勢力をもつものがあらわれ、数カ国も支配する守護大名しゅごだいみょうとなっていきました。

 

 

 

日本の海賊「倭寇」があらわれる

このころ中国や朝鮮ちょうせん半島には、日本人の倭寇わこうがあらわれます。

 

倭寇とは?>
>倭寇とは、「日本の海賊かいぞく」という意味です。

>倭寇は九州北部や瀬戸内せとうちの漁師・商人・武士の中で、武器をもって中国や朝鮮に船でわたり、自分勝手な貿易をした日本の人です。相手にむりな条件をおしつけたり、力づくで商品をうばったり暴れたりしたため、多くの被害ひがいが出ておそれられていました。

 

室町幕府(倭寇のエリアと日明貿易のルートのイラスト)地図

 

足利義満はみん(中国)と日明貿易にちみんぼうえきをはじめましたが、倭寇によって貿易に被害ひがいがでないよう、勘合かんごうという証明書を持つものだけが正式に貿易できるよう整備しました。

 

>勘合を持つものだけ正式な貿易に参加できた日明貿易は、勘合貿易かんごうぼうえきともよばれます。

 

 

 

長い戦争「応仁の乱」

8代将軍足利義政あしかがよしまさの時代に、守護大名の細川勝元ほそかわかつもと山名宗全やまなそうぜんが権力争いで対立しました。

 

同じころ足利義政のあとつぎを、弟か子供のどちらにするかで問題となりました。さらに斯波氏しばし畠山氏はたけやまし家系かけいでも、あとつぎ問題がおこりました。

 

このようなそれぞれの問題がしだいに大きくなり、細川氏側(東軍とうぐん)と山名氏側(西軍せいぐん)に分かれ激しい戦いとなりました。これを1467年の応仁おうにんらんといいます。



スポンサーリンク

 

応仁の乱は「決着つかず、疲れはて」

応仁の乱は、京都を中心に11年間も続きましたが決着がつきませんでした。いくさに参加した大名だいみょうや幕府はつかれはて、力がおとろえていきました

 

同時に新たに力をつけてきた戦国大名げんごくだいみょうといわれる武士があらわれます。身分みぶんくらいの下の者が上の者を力で負かす「下剋上げこくじょう」の世になっていきました。

解説!「11.足利氏 室町幕府をひらく」おしまい

 

 






スポンサーリンク